社会福祉法人 ロザリオの聖母会 児童養護施設 仙台天使園

宮城県仙台市

記事一覧

搬出搬入

ファイル 183-1.jpgファイル 183-2.jpgファイル 183-3.jpgファイル 183-4.jpgファイル 183-5.jpg

今日はたくさんの荷物の搬出搬入がありました。子どもたちの学習机とベッドの交換です。14年前の移転以前から使っていたものも多く、ここ数年来懸案だった家具の新調。今日と明日で完了する見込みです。
FILE$1 FILE$2 FILE$3 FILE$4 FILE$5

お菓子をいただきました。

パチンコまるたま様が来園し、お菓子をたくさん頂戴しました。いつもありがとうございます!
ファイル 179-1.jpg ファイル 179-2.jpg ファイル 179-3.jpg

仙台天使園の御像⑥

園長室には、仙台天使園が創立した頃から子供たちを見守っていた「幼きイエス像」があります。このイエス像は幼いイエスの姿ですが、いばらの冠と十字架がついた心臓が表現されていて、「イエスの聖心(みこころ)」の像のスタイルをとっています。
ファイル 22-1.jpg ファイル 22-2.jpg ファイル 22-3.jpg

仙台天使園の御像⑤

天使園にある御像で一番多いのはマリア像、それも幼いイエスと一緒の「聖母子像」です。マリア様がいつも子供たちを慈しみ深く見守っています。
ファイル 21-1.jpg ファイル 21-2.jpg ファイル 21-3.jpg

仙台天使園の御像④

園舎内、心理療法室(通称「ひだまり」)にも聖母子像があります。2006年に寄贈されたものでイタリア製のようです。エレガントで美しい聖母子像です。
ファイル 20-1.jpg ファイル 20-2.jpg ファイル 20-3.jpg

仙台天使園の御像③

ファイル 19-1.jpgファイル 19-2.jpg

仙台天使園の玄関ホールには、聖ヨゼフ像と聖母子像があります。2つの独立した像ですが、並べて飾ると「聖家族」の御像になるわけです。大工だった聖ヨセフは槌と物差しを手にしています。どちらも欠畑美奈子さんの作品。大きな行事が多目的ホールで行われる時は、2つともホールに運ばれて皆を見守ります。

仙台天使園の御像②

園内の地域交流ホールには、欠畑美奈子さん作の「守護の天使像」があります。子供を後ろからしっかりと見守っている天使は青年の姿です。この御像は5年前の東日本大震災で倒れ、子供の首の部分が折れてしまいましたが、その後修復していただき現在の姿に復活しました。
ファイル 16-1.jpg ファイル 16-2.jpg ファイル 16-3.jpg

仙台天使園の御像①

園の入り口で子供たちを迎えるのは「慈しみの聖母子像」。この御像は盛岡の彫刻家、欠畑美奈子さん(「長崎26殉教者記念像」や田沢湖の「たつこ像」で有名な船越保武さんの姪御さんにあたります。)によるブロンズ像です。
ファイル 14-1.jpg ファイル 14-2.jpg ファイル 14-3.jpg

ページ移動